犬猫の心臓病(循環器疾患)専門外来・精査について |神奈川県動物病院|ひらの動物病院

本サイトでは、当院での『心臓病(循環器疾患)専門外来』での検査記録を公開します。心臓病(循環器疾患)専門外来のご相談、ご予約はひらの動物病院:046(272)5300迄、電話にてご連絡ください。尚、当院のご紹介・ご案内は ひらの動物病院ホームページ http://www.hirano-vets.com をご参照ください。宜しくお願い致します。
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 僧帽弁閉鎖不全症 | main | 僧帽弁閉鎖不全症 >>
# 肥大型心筋症

〔検査目的〕一ヶ月位前から咳が出るという事で、一般外来にて来院。聴診上、逆流性雑音が聴取されたため、心臓精査の必要性を説明。

〔検査内容〕心エコー検査(カラードップラー心臓超音波検査)

〔投薬内容〕なし

〔検査結果〕・エコー中に不整脈無し、心拍数160〜180bpm
・重度のMRを認める(逆流は扇状で左房深部到達)、重度のARを認める、ごく軽度のARを認める
・僧帽弁形態に異常なし、プロラプス(−)、弁尖逸脱(−)、SAM(+)
・三尖弁他の弁の形態、運動性に異常なし
・LA:AO=2.0〜2.3:1.0(軽度の左房拡大)、肺静脈拡大(−)、左心耳拡大(+)、左房内血栓(−)
・右房拡大(−)、後大静脈拡大(−)
・LV-fanc:FS=48〜54%、LVPw:RVw=3.9:1.0
・左室遠心性拡大(−)、左室求心性肥大(+)、左室心内膜不整肥厚(+)、右室形態正常
・LVPWd=6.7〜7.7mm、IVSd=5.8〜6.6mm、LVIDd=最大17mm
・MV-フロー:Ew+Aw=186cm/sec、等容積拡張時間(IVRT)=78ms、MRフロー=5.70m/sec
・TVフロー:正常
・LVOTフロー:ASフロー=6.10m/sec
・RVOTフロー:PAv=66cm/sec、PEP=48ms、ET=156ms、PEP/ET=0.30、加速時間(AT)72=ms 、DT=102ms
・PA:AO=1:1

対称性肥大型心筋症(心内膜の不整な肥厚を伴う)/大動脈弁下部狭窄及び重度の僧帽弁逆流(MR)を伴う

心室中隔壁及び左心室自由壁の肥厚が認められ、ほぼ対称性の肥大型心筋症と判断する。左心室内心内膜には不整な肥厚がみられ、拘束型心筋症にやや類似する。心室中隔の左室流出路部の肥厚、突出により、大動脈弁下狭窄が重度に認められる。僧帽弁の形態には異常は認められないが、心筋症に伴う重度のMRがみられ、僧帽弁前尖の収縮期前方運動(SAM)を伴う。SAMの影響で、心室中隔の左室流出路心内膜は重度に肥厚して認められる。これらの問題に伴い、左心室拡張性低下、左心系容量負荷上昇、左室圧負荷上昇が存在する。心不全は代償期と判断する。内服はアテノロールの投与開始が勧められる。左室流出路狭窄があるため、ACE-Iや硝酸イソソルビドなどの血管拡張薬の投与にはリスクを伴うが、併用開始が可能となれば、用量負荷軽減のために有用であると考える。ACE-I投与開始に際しては、通常投与量の1/4程度から開始し、全身状態を観察しながら規定量までモニターすることが勧めらえる。ACE-Iが許容された場合、フロセミド低用量、硝酸イソソルビド、スピロノラクトンの併用開始について検討検討を要する。さらに経過によっては、カルシウムチャンネルブロッカー併用、アテノロールからカルベジロールへの変更、フロセミド増量、トラセミドへの変更を検討が必要となるものと考える。血栓症の予防のため、ルンワン、ペルサンチン、クロピドグレル等の投与が勧められる。病態が複雑である事から、内服開始については、順次、低用量から血行動態を確認しつつ、慎重な処方が必要である。

| - | - | 08:39 | category: 肥大型心筋症 |
Selected Entry
Mobile
qrcode
ひらの動物病院
〒242-0007
神奈川県大和市中央林間2-3-11
TEL:046(272)5300

獣医師・管理責任者:平野由夫
リンパ球培養プログラム修了
免疫細胞培養師
現代レイキマスター
獣医再生医療研究会
日本獣医がん学会
日本獣医麻酔外科学会


ひらの動物病院ホームページ


心臓病専門外来検査記録Link


獣医臨床検査・診断記録Link


獣医免疫療法情報site


獣医免疫療法実績掲載情報

ひらの動物病院:活性化自己リンパ球移入療法(CAT療法)の実施により15ヶ月間の良好なQOLが得られた犬の肝細胞癌の一例.Companion Animal Practice.チクサン出版:49-55,No.260.2011.



ひらの動物病院:不完全切除後の乳腺癌症例に対して活性化自己リンパ球移入療法(CAT療法)を実施し,12カ月間の局所再発ならびに転移の制御,良好なQOLが得られた犬の一例.Companion Animal Practice.チクサン出版:59-66,No.258.2010.

Search this site
Sponsored Links