犬猫の心臓病(循環器疾患)専門外来・精査について |神奈川県動物病院|ひらの動物病院

本サイトでは、当院での『心臓病(循環器疾患)専門外来』での検査記録を公開します。心臓病(循環器疾患)専門外来のご相談、ご予約はひらの動物病院:046(272)5300迄、電話にてご連絡ください。尚、当院のご紹介・ご案内は ひらの動物病院ホームページ http://www.hirano-vets.com をご参照ください。宜しくお願い致します。
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# 動脈管開存症

〔検査目的〕近医にて、8年程前(現在11歳齢)に、聴診上、逆流性雑音がある事を指摘され、先天性心奇形であろうと言われていたが、加療はなかった。今回、心臓精査を希望にて当院来院。

〔検査内容〕心エコー検査(カラードップラー心臓超音波検査)

〔投薬内容〕当院来院時より、マレイン酸エナラプリル投与開始済。

〔検査結果〕・エコー中に不整脈無し、心拍数110bpm
・重度のMR(逆流は扇状で左房深部到達)、重度のTR(逆流は線状で右房深部到達(±))、軽度のAR(逆流は弁口部に限局)。由来不明な肺動脈弁口部〜肺動脈分岐部の逆流高速血流あり(連続性逆流、重度のPRもしくはPDA)。左右肺動脈分岐部間に右室方向への血流を伴う管腔がみられる(流速3.74m/sec)
・僧帽弁肥厚(軽度+)、プロラプス(軽度+)、弁尖逸脱(−)、SAM(−)
・三尖弁、肺動脈弁肥厚(軽度+)。大動脈弁に異常なし
・LA:AO=1.7:1.0(軽度の左房拡大) 肺静脈拡大(+、10mm)、左心耳拡大(+)
・右房拡大(±)、後大静脈拡大(−) ・LV-fanc:FS=47〜50%、LVPw:RVw=2.3:1.0
・左室遠心性拡大(+)、右室形態ほぼ正常、LVIDd=31mm
・MV-フロー:Ew=83cm/sec 、減速時間(DT)=60ms、E-slope=先鋭化(+)、 Aw=45cm/sec 、E/A=1.42、等容積拡張時間(IVRT)=54ms、MRフロー=5.95m/sec
・TVフロー:未計測、TRフロー=2.16m/sec
・LVOTフロー:AOv=106cm/sec、PEP=42ms、ET=192ms、PEP/ET=0.22、ARフロー=未計測
・RVOTフロー:PAv=83cm/sec、PEP=54ms、ET=240ms、PEP/ET=0.23、加速時間(AT)=84ms、DT=114ms、PRフロー=5.54m/sec、PS(−) ・PDAフロー=4.05m/sec(肺動脈圧上昇)
・PA:AO=1.6:1.0

動脈管開存症(PDA)とそれに伴う肺動脈高血圧及び重度の肺動脈弁逆流(PR)
軽度の心臓弁膜症とそれに伴う重度の僧帽弁逆流(MR)及び三尖弁逆流(TR)

右室流出路領域において、左右肺動脈分岐部から右室方向へ向かう異常血管が認められる。この血管は動脈管と思われる。動脈管からの血流は肺動脈壁に沿って肺動脈弁口部に到達する。この血流の存在により肺動脈弁バルサルバ洞は拡張して認められる。PDA血流最大流速は低下している。同時に重度PR血流が動脈管血流に連続して認められる。PSは認められない。これらの所見から、PDAとそれに伴う肺動脈高血圧及び重度のPRが疑われる。TR速度は遅く、肺動脈高血圧の影響はTRに関与していないと考える。MRおよびTRは心臓弁膜症に伴うものか、PDAに伴う容量負荷上昇の影響のいずれかであると考える。左右心房拡大は軽度だが、左室遠心性拡大が認められる。弁口部フローは明らかには上昇していないが、肺うっ血が認められる。容量負荷は軽度と考える。弁口部フローから心室圧上昇が疑われる。左房圧上昇所見は明らかではない。内服はACE-I、ジピリダモール、硝酸イソソルビドの併用が勧められる。これらにより弁膜症およびPDAに伴う容量負荷の軽減と肺動脈圧の軽減を目標とする。今後右室求心性肥大が現れる場合、カルベジロール併用検討を要する。



| - | - | 23:29 | category: 動脈管開存症 |
Selected Entry
Mobile
qrcode
ひらの動物病院
〒242-0007
神奈川県大和市中央林間2-3-11
TEL:046(272)5300

獣医師・管理責任者:平野由夫
リンパ球培養プログラム修了
免疫細胞培養師
現代レイキマスター
獣医再生医療研究会
日本獣医がん学会
日本獣医麻酔外科学会


ひらの動物病院ホームページ


心臓病専門外来検査記録Link


獣医臨床検査・診断記録Link


獣医免疫療法情報site


獣医免疫療法実績掲載情報

ひらの動物病院:活性化自己リンパ球移入療法(CAT療法)の実施により15ヶ月間の良好なQOLが得られた犬の肝細胞癌の一例.Companion Animal Practice.チクサン出版:49-55,No.260.2011.



ひらの動物病院:不完全切除後の乳腺癌症例に対して活性化自己リンパ球移入療法(CAT療法)を実施し,12カ月間の局所再発ならびに転移の制御,良好なQOLが得られた犬の一例.Companion Animal Practice.チクサン出版:59-66,No.258.2010.

Search this site
Sponsored Links